米ぬかを使った洗顔方法について

米ぬかを使って洗顔をするという方法もあります。米ぬか洗顔は、泡立てることはありませんので、スクラブ洗顔をしていると考えていいでしょう。米ぬかを使って洗顔をすることによって、肌にミネラルを供給することができるようになるため、だんだん肌を白くしていくことができるようになりやすいです。肌質を改善するのにイオン導入という方法もあります。

 

米ぬか洗顔をする際には、まずはぬるま湯で顔を下洗いします。そして、手の平に米ぬかを付けて、そのまま顔をマッサージするように洗顔していきます。米ぬかは、泡立てネットを使っても泡はできません。ですから、米ぬかが顔の肌に直接つけられますので、手に力を入れずにソフトに洗顔をしていくようにしましょう。

 

スクラブ洗顔をしていくときと方法は同じとなっています。ですから、敏感肌の肌質になっている場合、肌に負担をかけてしまうということもあるかもしれません。敏感肌でなくても、肌との相性が悪いということもありますから、肌がつっぱってしまったり違和感を感じるのであれば、洗顔方法を変えるようにしたほうがいいでしょう。反対に相性がいいのであれば、だんだん肌を白くきれいにしていくことができるようになるかもしれません。