塗るボトックスってどんなもの?

ボトックスというと、ボトックス注射のことをイメージするという人も多いのではないでしょうか。しかし、最近は塗るボトックスというものもあることをご存知ですか?この塗るボトックスでも、ボトックス注射と同様の効果を期待することは出来るのでしょうか?

 

ボトックス注射の場合は、病院まで行って注射で注入してもらわなくてはならないですので不安だと感じていた人もいるでしょう。クリニックに行かなくてもいいのであればしてみたいという人もいるのではないでしょうか。

 

塗るボトックスってどんなもの?
正確には塗るボトックスというのは、ボトックスには該当していません。スペインは美容先進国ですが、法律によってボトックス注射は禁止になっています。そこでリボテック社は、アミノ酸から創りだされた合成ペプチドのアルジルリンといわれるものを開発しました。

 

更にスイスにあるペンタファーム社もシンエイクといわれる成分の開発に成功します。この他にも、韓国にあるCaregen社もプロジェリンといわれる成分の開発をしています。これらの成分が配合されていて、ボトックス注射のようにシワを改善していく効果が期待できることから、塗るボトックスという別名を持つようになったのです。

 

アルジルリンが配合されている化粧品にはどんな特徴がある?
ボトックスと比べるとアルジルリンというのは即効性がありません。継続して使用することで、徐々に表情じわを作り出してしまう原因が作られにくくなり、シワの予防や改善をしていくことが可能になります。

 

注射の場合は、表情が固まってしまったりするということもあるのですが、アルジルリン配合の化粧品はそこまで表情が固まってしまうということはありません。むしろ、肌に潤いや柔軟性を今までよりも感じることが多いです。植物由来のペプチドから作り出されたものですから、アレルギー反応もこれまで起きた事例はありませんし、安全性もとても高くなっています。ですので、副作用が怖いという人も安心して使うことが出来るでしょう。

 

シンエイクが配合されている化粧品にはどんな特徴がある?
シンエイクが配合されている化粧品は、加齢が原因のシワや表情じわなどに対しての予防や改善が期待できるという特徴があります。また、肌の緊張を和らげてくれますので、緊張によるシワも生じにくくなります。すでに出来てしまったシワに対しても、目立たないように改善していきやすく、アルジルリンと比べるとシワに対して6倍の効果が期待できるとされています。