蒸しタオルを使って毛穴の角栓などを取り除くことは可能?

エステサロンなどでも、エステティシャンがしてくれることが多い蒸しタオルを使った肌のケア方法ですが、この方法は自分で行うことも可能になっています。
今回は、蒸しタオルを使うことでどのような効果を得られるのか、そしてどうやって効率よく実践していけば良いのかをご紹介します。

 

どうして毛穴ケアに蒸しタオルが良いのか?
毛穴ケアの方法というのはいくつかありますが、どうして蒸しタオルを使って毛穴ケアをすると良いと言うことが出来るのかというと、蒸しタオルを使うことで蒸気や熱で働きかけることができるからです。蒸しタオルというのは、ある程度の熱があるわけですが、熱によって肌内部の血行が促進されるようになり、新陳代謝をアップさせられるようになります。そのため、角栓や老廃物などを排出しやすくすることが可能です。

 

更に蒸気によって、肌の内部まで熱を伝えることが出来るようになり、角質をほぐしていくことが出来るようになります。これによって毛穴が開いて、皮脂や汚れを排出しやすくすることも出来るのです。

 

この蒸しタオルを使ったケア方法というのはいくつかあります。どのような方法でケアをしていけば良いのかを具体的に紹介します。

 

先程も言いましたが、蒸しタオルでケアをすることによって、角質や毛穴の奥に詰まっている汚れを取り除いたり、皮脂の調節をしていくことができます。これによって、肌のハリやキメを改善していきやすくすることが可能です。

 

まず化粧をしているのであれば、先にクレンジングをして、その後に石鹸や洗顔料をしっかり泡立てて、力を入れずに顔を洗いましょう。水をフェイスタオルに吸い込ませて、少し絞ったら、30〜60秒ほどで500W程度の電子レンジで熱を加えます。適度な熱になったら、ヤケドをしないように手で持ちましょう。

 

蒸しタオルが完成したら、最初にあごの下あたりから蒸気を浴びるようにしてください。顔にあたってもシゲキが強すぎないくらいの熱になったら、蒸しタオルを両手で持って、顔全体にのせるようにして、3分ほど放置しましょう。

 

3分ほど経過したら、蒸しタオルをとって、顔の保湿をしていきます。熱と蒸気によって毛穴が開いていますから、冷たい美容液などを肌に浸透させると毛穴の奥まで美容成分を送ることが出来るようになります。さらに、冷たい美容液などで毛穴をしっかり引き締めやすくすることができます。保湿が完了したら、水分が逃げないように必ず保湿クリームや乳液を顔に塗りましょう。