女性ホルモンと美肌はとても深い関係がある!

年齢を重ねるにつれて、女性ホルモンの分泌量はだんだん下がっていくことになります。この話は大体の人がご存知なのではないかと思います。

 

アンケートで女性ホルモンは何歳くらいになると減ってくるのかを知っているか質問してみたところ、25歳未満だとか30歳前後などといったいろいろな回答がありました。この他にも40歳位からという回答もあったのですが、平均すると30歳前後くらいになってから女性ホルモンが分泌されにくくなると考えている女性が多いということが分かりました。

 

女性ホルモンというのは、18〜45歳位までの成熟期の終盤くらいからだんだん卵巣が活動しなくなっていきます。そして、卵巣の活動が弱くなっていくに連れて女性ホルモンの分泌量も減っていくと考えられています。

 

また、アンケートに答えた70%を超える人達が、年齢やストレス、閉経、ダイエット、睡眠不足などが原因だと考えていることも分かっています。実際にホルモンバランスというのは、年齢が原因になっているものと、生活習慣が原因担っているものに二つに分かれているのです。そして、女性はこの生活習慣も原因になっていることを自覚しているという人も多いということです。

 

また、このアンケートで、どのようにして女性ホルモンが積極的に分泌されるようにしているかを質問したところ、半分を超える人が、食事や生活習慣に気をつけるようにしたり、ストレス発散をすることだと答えています。

 

この他にも、幸せだと感じる時間を過ごすことだと答えている人も3人に1人の割合で答えています。幸せを感じる時間を過ごすことによって、快感を感じるドーパミンやセロトニンが活発に分泌されるようになります。これらのホルモンがエストロゲンの分泌を促進させてくれるのだと言われています。ですので、女性ホルモンを増やしたいのであれば、幸福感を感じることや充実感を感じる時間を設けていくことも大切なことだといえるでしょう。